暴れる40代 ドッグランの愉快な仲間たち

ドッグランで知り合った愉快な仲間たちが、日替わりで日々の出来事を綴っています

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ワンちゃんと車でお出かけ

こんにちは ブルパパです

前回の「愛犬の災害対策」は見て頂けました?
ご覧になった方はちゃんと準備をして頂いたかな?

もしものための… だから、即実行って難しいかもしれませんが
脅すわけじゃないけどいつ起こるか分からないものだから
なるべく早く準備して下さいね


よくワンちゃんを連れて旅行や帰省したりされていますよね
車中で大人し~くしてくれるお利口さんならイイんだけど、
暴れる子もいますよね?

ウチのジウォンは車に乗るとテンションが上がっちゃって大変
やはりはじめが肝心


lag.gif 

【ワンちゃんと車でお出かけ】

嫌がるワンちゃんを無理に乗せようとすると、トラウマとなり車を怖がってしまう事もあります。
一緒に旅行を楽しむために、下記の手順で慣れさせてください。


 § 車に慣れさせるための 5つ のステップ  

 1.ドアを開け、エンジンを止めた車内で遊ばせる

 2.車に慣れてきたら、ドアを閉めた状態で遊ばせる

 3.次にエンジンをかけて車の音に慣れさせる

 4.少しずつ、ゆっくり車を動かしてみる

 5.徐々に動く距離を延ばしていく。 (但し無理は禁物です)

このようなステップを踏んで、
ワンちゃんに「車に乗ると楽しいことがある」とイメージを学習させていきます。


 § お出かけ時の持ち物リスト  

 1.首輪(迷子札付)・リード

 2.いつも食べているドッグフード・おやつ

 3.お気に入りのおもちゃ・タオル

 4.食器やワンちゃん用の水筒

 5.キャリーバッグ・ゲージ・クレーなど

 6.トイレシーツ・ウエットティッシュ・お散歩袋など

 7.ワクチン証明書

 8.ペット保険の保険証


 § 車酔いを防ぐための事前準備  

実はワンちゃんも車酔いします。
酔って気持ち悪くなってしまうの可哀想ですよね
車酔いしないように、しっかり事前準備を行ってください。

 1.食事は出発の2~3時間前に終える

 2.出発前にトイレを済ませておく

 3.ドライブ中は寝て過ごせるように、出発前に軽くお散歩

 4.こまめに休憩を取る

 5.慣れないうちはキャリーバッグやゲージに入れて安定した場所にのせる

どうしても車酔いの症状が出てしまう場合、獣医に酔い止め薬を処方してもらってください。


lag.gif 


愛犬と楽しくお出かけしたいですよね?
ワンちゃんに負担をかけずに、事前準備をしっかり行ってくださいね。


ブログランキングに参加しています。
愛犬家の方&応援して下さる方はをポチっと
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


更新の励みになりますので是非!!

スポンサーサイト

| いざというときの為に | 00:14 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

愛犬の災害対策

こんにちは ブルパパです

いつもと趣向を変え、
このカテゴリーでは、ちょっとしたペット講座にしようと思います。
このアバフォーブログ(暴れる40代 ドッグランと愉快な仲間たち)を
ご覧頂いている殆んどの方はワンちゃんを飼われているとは思いますが、
なかには、これから飼おうとしている方もいるかもしれません。

そんな初心者の方へ
マナーというか躾というか…
ちょっと見て頂いて参考にして頂ければ嬉しい

そして既に飼われている方へ
やっておかなければならない事の再確認と今後の対策を兼ねますので
ちょっとだけお付き合い下さい。


初めてワンちゃんをお家へ連れて帰ってきた日の事を覚えていますか?
ブルパパは…実はネコ派で、ワンちゃんを飼うのは初めてだったんです。

ただ漠然とペットを飼ってみる?となった時、
ブルパパはネコ(アメショー)、ブルママはイヌって意見が分かれたんですが、
ブルママが猫の毛アレルギーだったので、自然とワンちゃんになりました。
そこで出会ったのがブルックリンです。


昨年の東日本大震災の時、みなさんは何処にいましたか?
ブル家では2人とも仕事中だったので、
お留守番していたブルはさぞかし怖かったはず…

ブル家は千葉なのでそれほど大きな被害はなかったですが
被災された方々でワンちゃんを飼われていた方も多いはず…
それを考えると辛くて、悲しくて、やりきれない思いです。

被災された方々、改めてお悔やみ申し上げます。

今回の震災は対岸の火事ではありません。
日本国内ならば、どこでも起こり得るって事を認識して下さい。

地震だけでなく雷や台風など、起きて欲しくはないですが、
もし起こってしまった場合の対策を考えましょう


lag.gif 

災害発生時に慌てないように人だけでなく、ペットの為にも事前準備を

 § ペットに施しておくこと  

 1.ゲージやクレートでおとなしく出来るようにしておく。
   非常時にスムーズな避難をする為に、日頃からゲージやクレート、
   キャリーバッグを好むようにしておきましょう。

 2.人間が信頼でき、従うべき存在であることを教える。
   動物の行動をコントロール出来るように習慣づける事で、災害時の戸惑いを
   最小限にします。「お座り」や「待て」など指示に従えるようにしておきましょう。

 3.迷子札や鑑札などを着ける
   災害時の混乱で迷子にならないように、室内にいる時でも普段から首輪を
   外さず、迷子札や鑑札を着けておく習慣をつけましょう

 4.マイクロチップを装着する
   マイクロチップを装着しておけば、はぐれてしまった時でも身元の確認ができます。

   ちなみに海外にワンちゃんを連れて行く場合
   2004年よりワンちゃんに対し新しい検疫制度が実施されています。
   マイクロチップによる個体識別が義務となりました。出国の際の輸出検疫と
   帰国の際の輸入検疫を受けなければなりません。マイクロチップを装着していると
   通常180日間係留されるところ、わずか12時間でOKとなります。



 § 避難時の用具の準備  

 1.フードと水。
   少なくとも3日分は用意しておきましょう。特に処方食の場合は、余裕をもって用意して
   おいて下さい。

 2.キャリーバッグ
   日頃から家に置いておき、「キャリーバッグ=リラックスできる、安心できる場所」に
   しておくと良いでしょう。

 3.首輪・ハーネス・リード等
   ワンちゃんがパニックを起こした場合、行動を抑制するのに役立ちます。 

 4.薬・救急セット
   持病がある子は常備薬を準備して下さい。また包帯などあると便利です。

 5.飼育の記録、写真
   ワクチン接種の記録や、かかりつけ病院の電話番号、病歴や身体の特徴などを
   手帳にまとめておくと良いでしょう

   BuruHausにもキャリーバッグやハーネス・リード等扱っています。
   ぜひご覧ください
 バッグのページへ   ハーネス・リードのページへ


lag.gif 

ちょっと宣伝も入れちゃいましたが、事前準備はだいたいこんなトコ。
みなさんも参考にしていただき、準備しておいて下さいね。

次回はワンちゃんと車でお出かけ編です。(でもいつになるか未定…)


ブログランキングに参加しています。
愛犬家の方&応援して下さる方はをポチっと
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


更新の励みになりますので是非!!

| いざというときの為に | 09:22 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。